仙台で腰痛・美容鍼・酸素カプセルのことなら「あべ鍼灸院」

abehari.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

東洋医学講座開設のお知らせ

サクラも散ってきましたね。皆さんお花見はお済でしょうか?
季節の移ろいを感じるには、とてもいい文化だと思います。

さて今回はかねてより皆様からご要望のありました「東洋医学講座」を開設したいと思います。
日々の治療の中で東洋医学の哲学的な話を患者さんにすることが少なくありません。

そんななかで、西洋合理主義文化の現代社会に生きる我々には東洋医学の自然の中に生かさされていると、いう考え方は新鮮でなおかつ忘れていた大事なことを気付かせてくれます。

そこで、いつも治療院で話しているような内容をもっと分かりやすく生活の中で生かせるような講座をいつもお世話になっている「まくろび庵」のほうで開催することになりました。

興味のある方は申し込んでみてください。
詳しくはこちらへどうぞ。
by abehari | 2008-04-22 13:58 | 有機的全体思考

最後の授業

b0080037_22313599.jpg

b0080037_22325853.jpg

とうとうマクロビ教室も最後の日となりました。
しばらくぶりに、my classに帰ってきたらまずみんなの表情がやさしくなったなあと思いました。

6ヶ月間にわたってマクロビオテックスにふれ自分なりに新しい知識を習得し、料理の腕が上がったりと外見的な変化もありましたが、何よりも食に対する考えがより一層深まりました。

日本の伝統的な食文化はすばらしい!ということです。

身体の変化としてはあまり肉が食べられなくなりましたね。
あまりいらないみたいです。

野菜のおいしさに気付きました。

肉食獣だったころの私では考えられないです。
今日のお題は「野菜寿司」ですからね。

これがまたおいしいんですよ。
変われば変わるもんです。

これからは、どうやってマクロビと鍼灸を融合させるかが課題です。
まくろび庵のスタッフの皆様、ありがとうございました。
by abehari | 2008-04-18 22:36 | マクロビオティック

車椅子専用グローブ

b0080037_2339963.jpg

最近、車椅子専用の手袋が発売された。

車椅子という乗り物は、車輪を手で押して進む乗り物で当然素手では辛い。
なにが辛いというと、回っている車輪を手で止めなければならないということである。

今日は車椅子に乗っている青年と近所の自転車屋さんまで一緒に出かけた。

平地はまあ、いわゆる手で押して進む車椅子である。ドラマ等でも見かける光景だ。

上り坂・・・これがちと辛い。自転車のようにギアがついてるわけでもないので、押した分だけしか進まないのである。くわえて重力との戦い。

よっぽどの筋力がないと、へばってしまう。

下り坂・・・!!!ありえない。ノーブレーキでガラガラと下ってしまう。自転車と同じくらいのスピードだ。後ろからついていって鳥肌が立った。

前の歩行者に追いつきそうになって両手で回っている車輪をつかんで減速する。それでも止まらなければ車輪をドリフトさせて止まるのだ。

これは専用の手袋が必要だ。

こんな乗り方をする人は少数だそうだが、彼らにとっては足と同じであるから、こんな風に車椅子を扱うのもありであろう。。。

それにしては、装備が貧弱すぎる。あと、ヘルメットも着用した方が良い。
車も歩行者も車椅子が視界に入っていないようだ。

車椅子の目線で見るととっても住みづらい世の中である。弁当屋にも入れない。
この手袋も改良の余地がありそうだ。
by abehari | 2008-04-15 23:53 | 治療

マクロビレポート

b0080037_10492993.jpg

気がつけば4月も1週間がたってしまいました。
何気に忙しいabehariです。

今日は先日のマクロビ教室のレポートをひとつ・・・

今回のお題は「乾物」。。。

切り干し大根や干ししいたけ、高野豆腐などなど。
こういった材料で今回はお料理です。

今回もそうなんですが、日本人の知恵ってすごいですね。
誰が最初に干してみたんでしょうか?

干した方がおいしくなったりもするそうで。。。いやはや知らないことだらけです。
どれだけ、洋食文化に浸かっていたのかと。

日本食の文化を知っての洋食文化だと思います。
マクロビ教室もラスト一回となりました。

ラストスパートです。
by abehari | 2008-04-07 10:49 | マクロビオティック