仙台で腰痛・美容鍼・酸素カプセルのことなら「あべ鍼灸院」

abehari.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:東洋医学 ( 7 ) タグの人気記事

頚の治療

頚の治療は慎重に行わないとえらいことになります。

先日も、寝違えてとある接骨院に受診したところ、無理くり頚のストレッチをされて余計にひどくなった患者さんが来ました。もとの接骨院に「痛みが取れない。」と訴えたところ「気のせいだ。」といわれたそうで。。。

言ったら、「施術したアンタのせいだ。」ということになるんでしょうけど、何でこういう事言うんデスかね。
ケツがふけないならやるな。ということです。

結局ずーっと痛みがとれずに心療内科に行ったり、他の色々な治療院に渡り歩く羽目に・・・
たった1回の施術で相手の生活が変わってしまう世界なんで(いい意味でも悪い意味でも)慎重に行かないといけません。

仮に何か不具合が起きたとしても誠意を持ってできる限りのことはするべきで、またその技も持っていなければなりません。

人気ブログランキングへ
いつも見ていただいてありがとうございます。
皆さんの応援が励みになります。
by abehari | 2009-04-08 10:45 | 治療

東洋医学講座3期生の募集

先日、まくろび庵で開催されている東洋医学講座の2期生が終了しました。
全6回の講座でナカナカ全ては伝えられませんが、中身の濃い講座だったと思います。

6回目の最終回は自分を見つめなおし分析して自分に処方箋を出すと、いうワークを行いましたが、皆さんすばらしい処方箋を出されていました。

半年前とは見違える進歩だと思います。

2回生が終わったばかりですが、早速3回生の募集をしたいと思います。
詳しい募集要項はこちらまで

皆さんのご参加お待ちしております。

人気ブログランキングへ
いつも見ていただいてありがとうございます。
皆さんの応援が励みになります。
by abehari | 2009-03-18 11:46 | 陰陽・五行論

あべ鍼灸院の治療理念

b0080037_1364841.jpg

人には「自然治癒能力」が存在します。

怪我や病気を自分で治そうとする力です。鍼灸治療は全身を調整し衰えた自然治癒力を活性化させる治療法です。

鍼灸治療は外から強力な治療力を加えるものではありません。
身体のほうが鍼灸による働きかけを活用し、自分を調整していくものなのです。

われわれが忘れがちなことですが、どんな最先端の医療もこの自然治癒力なしではかたることができないのです

鍼灸治療とは衰えてきた自然治癒力を呼び覚ます治療法です。
鍼灸治療とは施術者である私たちが「治す」のではありません。
鍼灸治療とは患者であるあなたの自然治癒力で「治る」治療法です。

さらに、あべ鍼灸院ではこれらの鍼灸治療の効果を上げる為に「治療を受ける前の身体作り」として、全身のバランス調整をしています。

今日から「治る」に変えませんか?あなたが生まれながらに持っている「治る力」・「自然治癒力」を強くしていけば、あらゆる問題は解決できるでしょう。当院では、あなたの「治る力」を東洋医学・鍼灸治療を通して応援します。


人気ブログランキングへ
いつも見ていただいてありがとうございます。
皆さんの応援が励みになります。
by abehari | 2009-02-04 13:06 | 初めて受診される方へ

講話「身体とこころの関係」

b0080037_2031011.jpg

きたる1月21日(火曜日)10:00~11:30福沢市民センター 第二会議室にて
「身体とこころの関係」という講話をわたくしあべ鍼灸院 院長として行って来ます。
費用は無料となっています。
東洋哲学の視点から話が出来ればと思っています。

問い合わせは仙台市福沢市民センター℡223 ̄9095
by abehari | 2009-01-23 20:30 | 有機的全体思考

陰陽・五行論講座 第五回

本日は陰陽・五行論講座の第五回目です。
二期生もいよいよ今回を含めて後二回となりました。

本当に時が経つのは早いものです。
難解な用語と分かりづらい講義を良くぞついてきていただきました。

今回は「水行」についてです。
身体の中で「水気」の力が強い臓器は「腎」です。

腎は五臓の中でも特に全身に大きな作用を持っています。
講座ではこの「水気」の性質と「腎」特徴について勉強しました。

次回はいよいよまとめと卒業テストになります。
個人的にはその後の親睦会が楽しみですけどね。
by abehari | 2009-01-19 01:54 | 有機的全体思考

脾臓

終わった、終わった。
久しぶりに早めに終わりました。程よく、忙しくて・・・いい感じです。

今日も色々な患者さんが来てくれましたが・・・
みなさん多いのが、脾臓の弱りが来てる方が多い気がします。

ハリを打つ前に患者さんの脈を見るんですが、手首の脈打つところを6箇所に分けて内臓のバランスを見ます。右手に肺・脾・心包、左手に心・肝・腎が振り当ててあるんです。

今日は詳しい話は省きます。

全体の比較の中で脾臓に当たるところが、弱い人が多いように感じます。
だからといって、脾臓の病気というわけではありません。

そもそも脾臓というのは西洋医学では血球の産出と破壊をいとなむものと考えられています。
東洋医学では「脾は運化と輸布をつ主る」。

何のことかというと、胃でどろどろになった栄養分を吸収して身体を栄養する働きがあります。

どうして最近多いのでしょう?
もっか研究中ですが・・・

季節も関係するような・・・それだけではないように思いますが。

人というのはさまざまな要素の中で生きてるわけですから、答えを出すのは難しいです。
なんか、わかったら発表します。(なんか中途半端でスイマセン・・・)


でもって、最近HPもじみーにリニューアル中ですので、お暇だったら寄ってください。
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
今日もポチッとヽ(・ω・。ヽ)ヨロ♪(ノ。・ω)ノ シク♪(σ。・ω)σでっす♪
皆さんいつも覗いてくれてほんとにども
☆゚.+゚o(>Д<。*)ノ゚+.★ァリガトォ★゚+.ヽ(*。>Д<)o゚+.゚☆
by abehari | 2007-05-29 19:48 | 有機的全体思考

自然治癒力を上げる

今日は50代♂・「酸素カプセル」5回目の患者さんです。
カプセル終了後にコーヒーを飲みながらお話していると、「鍼灸治療」について質問されました。

「鍼灸治療は自然治癒力を高めてご自身の力で治る治療です。」とお答えすると

「実は・・・」

3年前に胃がんの手術をうけたそうで。体調管理に関心を持っているとのこと。
それならばということで、鍼灸治療を受けることになりました。

その他にいろいろな体や生活についてのお話を聞いたところ私の判断ではそれぞれ弱った臓腑を元気にするために、背中のツボを中心に治療しました。

その後お腹の手術根をやわらかくする治療と胃の調子を整えるツボにハリを打ちました。

手術というのはどんなに小さなものでも身体にダメージを残します。
単純なところでは、手術によってできた傷がくっつこうとするときにキズに向かって全身の皮膚が引っ張られます。それによってからだのゆがみが出てきます。

身体のゆがみが出ることで、腰痛や肩こりを発生します。また、特定の臓器が弱りだすとそこを補うために他の臓器に負担がかかり、血液の分配バランスが崩れます。
そのようなことを考慮し、つぼの選定と治療法を決めています。

ですから、鍼灸治療は個人によって治療法が異なるわけです。

今後は定期的な治療で経過観察となりますが、体調がスッキリしてくればよいです。

FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
↑↑↑
ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
by abehari | 2006-11-20 20:34 | 治療