仙台で腰痛・美容鍼・酸素カプセルのことなら「あべ鍼灸院」

abehari.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:秋 ( 5 ) タグの人気記事

収穫の秋

9月です。
収穫の秋です。

東洋医学の漢方理論に陰陽五行学説という考え方があります。
これは簡単に言うと寒熱の差によって1年間の気候を5つの季節に分けました。
それが春・夏・長夏・秋・冬となります。

この5つの季節の性質を持った自然界のものを木・火・土・金・水としました。
そして、世の中にある色々な要素をこの5つの性質にわけ物事の本質を見ようとした考え方が陰陽五行論になるわけです。

5つの季節の性質はどのようなものかというと、生・長・化・収・蔵という性質になります。
ここの性質については今回は触れませんが、秋という季節は「収」という性質をもち自然界では「金」がそれに当てはまります。

「収」とは季節でいうと、これから次第に冷えてゆき気が下に沈む時期である。
冷えてゆくということは、夏や長夏の暑い時期に膨張したものが、次第に冷やされ収縮し、固まってゆく。
金というのはこのことを象徴しています。

我々の生活の中では夏までに活動してきた結果をまとめて集める時期です。
この季節に出た結果を元に、来年発展する要素を「冬」の季節に貯えるのです。

ゆえに秋が収穫の季節といわれるゆえんです。
逆にこの時期にあせって行動するよりも、春から活動してきた集大成を形にすることが大事です。何でもよいのでひとつ「結果」を出してみましょう。

そうすれば来春のあなたの生活にひとつの活力が生まれるはずです。
そして昨年よりも発展した自分がいるはずです。
by abehari | 2008-09-06 01:30 | 陰陽・五行論

四季調神大論篇

こんにちは、最近書く方の調子がいいのでサクサクいこうと思います。
身体の方は、ちとだるいです。夏バテ気味ですかね・・・

昨日は秋の養生法についてお話しましたが、今日は約2000年前に書かれた東洋医学の原典となった「黄帝素問」という中国の医学書から、「四季調神大論篇」という季節ごとの養生法を記したところを秋のところだけ抜粋して紹介したいと思います。

原文はこんな感じです。

秋三月、此謂容平。
天気以急、地気以明。
早臥早起、与雞倶興。
使志安寧、以緩秋刑。
収斂神気、使秋気平、無外其志、使肺気清。
此秋気之応、養收之道也。
逆之則傷肺、冬為飧泄、奉蔵者少。

こういうの高校の時の漢文いらいですよね。
で、訳がこんな感じです。

秋の3ケ月は、全てのものは成熟し、収穫の季節です。

気候は涼しく、風の音は強く、速く、台風のシーズンでもあります。
地の気は静かで、万物は色を変えます。

健康を考えるなら「早寝早起き」を心がけなければなりません。
鶏と同じように、夜明けとともに起き、空が暗くなると眠る。

気持ちは安らかに、落ち着かせて、秋を過ごさなければなりません。

秋の気候は草木を枯れさせますが、人体の陽気を枯れさせないように気をつけなければなりません。

よく食べ、良い音楽に触れ、知識を吸収しましょう。

秋は、肺気を清浄にして、冬に備えなければなりません。

こんな感じのことを書いています。
漢方医学でいうところの肺は、体内で「気」を生成します。

又、皮毛をコントロールしています。皮毛が強くなれば、病邪が体内に入るのを防ぎます。

ヤッパリ、肌の潤いを保つということが重要らしいですね^^

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
今日もポチッとヽ(・ω・。ヽ)ヨロ♪(ノ。・ω)ノ シク♪(σ。・ω)σでっす♪
皆さんいつも覗いてくれてほんとにども
☆゚.+゚o(>Д<。*)ノ゚+.★ァリガトォ★゚+.ヽ(*。>Д<)o゚+.゚☆
by abehari | 2007-09-05 11:02 | 季節の養生法

秋の養生


b0080037_1391627.jpg



▲写真と本文は関係ありません^^
先週末、恒例の東洋医学講座をやってきました。
今回から本題の「陰陽論」に入ったんですが・・・

やはり、難解でした。。。
専門用語もさることながら、考え方を全体思考でいかないと難しいようです。

一朝一夕にはいかないんですけどね・・・
道のりは長いです。

そんな中でも、新しい発見などあって、盛り上がったんですけど。
やる方ももっと勉強しないといけません。


で、昨日は秋とはなんぞやという話だったので、今日は養生法を・・・

春夏秋冬を東洋医学に的に表現すると、春は生じ、夏は成長し、秋は収穫、冬は貯蔵の季節となります。これは昨日お話ししましたね^^

故に自然界でも、ほとんどの植物が秋に実を結ぶのです。
実を結ぶということは夏までに成長し、発散したものを内部に固まってゆくことになります。

人の身体も同様の変化が起きてきます。人の身体でどのように変化するかというと、外界と接する”皮膚”が縮こまってきます。それは秋の季節の特徴にある温度差に由来します。

朝晩が急に涼しくなります。夏場に暑さによって緩んだ身体が寒さによって引き締まるということです。
引き締まる=縮こまるということは皮膚の表面積が小さくなることを意味します。そうすると、汗腺や毛穴が閉じてしまい皮膚組織の密度が高くなり皮膚の機能が低下します。
簡単にいうとしわがよって、潤いがなくなった状態になりますので皮膚がカサカサになってくるのです。

そうすると、皮膚呼吸が十分に行われず全体として呼吸器の弱りへとつながってゆくのです。
肺の機能低下は身体全身の酸素不足を招き、新陳代謝が低下し、免疫機能が落ちてゆくということになります。

つまり秋の過ごし方たで気をつけるポイントはズバリ”皮膚”にあります。
皮膚に栄養を与え、皮膚機能を維持することが肺の機能低下を防ぐことになります。

お風呂あがりにしっかり保湿しておくといいですね。
保湿液にには「馬油」や「スパカル」なんかがいいんではないでしょうか。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
今日もポチッとヽ(・ω・。ヽ)ヨロ♪(ノ。・ω)ノ シク♪(σ。・ω)σでっす♪
皆さんいつも覗いてくれてほんとにども
☆゚.+゚o(>Д<。*)ノ゚+.★ァリガトォ★゚+.ヽ(*。>Д<)o゚+.゚☆
by abehari | 2007-09-04 12:57 | 季節の養生法

秋は収穫の秋

b0080037_12581931.jpg



こんにちわ!皆さんお元気ですか?
秋がスタートです。

いろんな秋がありますが、漢方で言うところの秋は収穫の秋。
収穫といっても特に野菜やくだものを作ってるわけではないので、物質的なものだけではありません。

漢方では季節を五つに分けて五季といいます。
春は生(芽生えの季節)、夏は長(成長の季節)、長夏(土用:夏から秋への変化の季節)、秋は収(収穫の季節)、冬は蔵(貯蔵の季節)になります。

話はもどりますが収穫ということは今年一年の成果を収めるという意味です。春から夏にかけて活動してきたこと集大成の季節ということになります。

皆さんはどんな収穫がありそうですか?
秋はマダマダ始まったばかりです。

そんなことを気にかけて生活してみるのもいいんではないですか。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
今日もポチッとヽ(・ω・。ヽ)ヨロ♪(ノ。・ω)ノ シク♪(σ。・ω)σでっす♪
皆さんいつも覗いてくれてほんとにども
☆゚.+゚o(>Д<。*)ノ゚+.★ァリガトォ★゚+.ヽ(*。>Д<)o゚+.゚☆
by abehari | 2007-09-03 12:58 | 陰陽・五行論

秋の過ごし方を考える

b0080037_10521287.jpg

9月です。

秋です。

早いですねぇ。

8月初旬に梅雨明けして

もう秋です。

短い、短すぎる

夏。

でも季節は変わっていきます。

秋といったら秋です。

なので秋の過ごし方を少し考えました。

秋というと思いつくのが「実りの秋」ではないでしょうか。

春夏秋冬を東洋医学に的に表現すると、

春は生じ、夏は成長し、秋は収穫、冬は貯蔵の季節となります。

故に自然界でも、ほとんどの植物が秋に実を結ぶのです。

実を結ぶということは夏までに成長し、発散したものを内部に固まってゆくことになります。

人の身体も同様の変化が起きてきます。

人の身体でどのように変化するかというと、外界と接する”皮膚”が縮こまってきます。

それは秋の季節の特徴にある温度差に由来します。

朝晩が急に涼しくなります。夏場に暑さによって緩んだ身体が寒さによって引き締まるということです。引き締まる=縮こまるということは皮膚の表面積が小さくなることを意味します。

そうすると、汗腺や毛穴が閉じてしまい皮膚組織の密度が高くなり皮膚の機能が低下します。
簡単にいうとしわがよって、潤いがなくなった状態になりますので皮膚がカサカサになってくるのです。

そうすると、皮膚呼吸が十分に行われず全体として呼吸器の弱りへとつながってゆくのです。

肺の機能低下は身体全身の酸素不足を招き、新陳代謝が低下し、免疫機能が落ちてゆくということになります。

つまり秋の過ごし方たで気をつけるポイントはズバリ”皮膚”にあります。
皮膚に栄養を与え、皮膚機能を維持することが肺の機能低下を防ぐことになります。

もしくは当院オススメの「酸素カプセル」で酸素不足を補うのもひとつの方法でもあります。

それでは皮膚を健康に保って実りの秋を楽しみましょう。仙台・山形方面の人はもうすぐ”芋煮会”の季節ですね^^)
by abehari | 2006-09-02 10:44 | 季節の養生法