仙台で腰痛・美容鍼・酸素カプセルのことなら「あべ鍼灸院」

abehari.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:治療( 42 )

リウマチ

本日は、リウマチ治療についてのお話です。
60代・女性ですが最初、足の腫れがひどく歩行もこんなんなかんじでした。
b0080037_033946.jpg


▲3/23
リウマチとは自己免疫疾患で簡単にいうと自分を自分で攻撃してしまう病気です。
特徴は末端の関節の破壊です。(簡単すぎてスイマセン・・・)
それに伴う腫れと変形です。変形まで行かない方もいます。もちろん腫れの少ない方もいます。
b0080037_0335121.jpg


▲6/20
治療の目標は、自然治癒力の活性化と腫れの縮小です。

基本は鍼治療と酸素カプセルを併用しています。
b0080037_0341067.jpg


▲8/4
現在では足の腫れもほとんど引いて、手の腫れを重点的に治療中です。
手の腫れもだいぶ引いてきましたが、今後とも継続的に治療してさらに正常な状態まで行くのが目標です。

b0080037_0343063.jpg


▲11/1
by abehari | 2006-11-02 23:50 | 治療

首のハリと腕のシビレ

これから、日々の治療のなかで皆さんの参考になりそうな症例を紹介していきたいと思います。
いつまで続くか解りませんがよろしくおねがいします。

さて、第一弾の今日は「首のハリとそれに伴う腕のシビレ」です。

患者さんは30歳男性・「首のハリと左腕のシビレ」が主な症状です。今回が初診です。
いろいろお話を聞いているうちにバイクレース暦8年・自分でも猫背が気になる。という2つのキーワードが出てきました。ちなみに26歳でバイクレースは引退しています。

「バイクレース」というところからかなりくびにダメージを負っていること・猫背というところからすでに支正全般の崩れが予想できました。

検査の段階で前屈が床から-50mm・後屈には抵抗感なし・股関節屈曲テストでは左に抵抗・頭頚移行部回旋テストも左に抵抗という結果でした。

このことから骨盤の後方転位と体幹の左側へのねじれがみられます。

最初はこの身体のアンバランスを修正し骨盤を正常に近い状態にもっていきました。修正後は前屈テストが-10mmになったことから骨盤が前方に転位したことが伺えます。

土台となる身体のほうを整えてから次は局所治療に入ります。
頚椎周辺の触診中に第7頚椎付近に強い硬結がみられたのでハリは使わずに高周波治療器により周辺組織の緊張緩和をこころみました。

15分ほどの施術後に患部の緊張緩和と腕のシビレが軽減してきたので今日の治療は終了となりました。

最後はウォーターベットマッサージ機で治療による心の緊張をほぐし、コーヒーを一緒に飲みながらゴルフの話で盛り上がりました。

今回の治療は一様の効果が見られましたが、今後も週1回ほどの治療でさらに状態を良くして行きたいと考えます。

と、こんな感じのレポートですがいかがでしょうか?どうも仕事の話は堅い表現になってスイマセン。ご質問等あったらコメントください。
by abehari | 2006-10-31 23:21 | 治療